スジャータ ホテル レストラン仕様コーヒー 無糖のレビュー・評価

  • URLをコピーしました!

こんにちは!ぎんぴです!

今日はスジャータさんのホテル レストラン仕様コーヒーを飲んでみました!あまりホテルやレストランへ行く頻度も少なく、更にそこでコーヒーを飲むことも少ないのでホテル レストラン仕様がどういったものかが分からないのですが飲んでみたいと思います!

ぎんぴ

パッケージの銅カップにたくさんの氷とブラックコーヒーの写真、とても美味しそうですね!

目次

スジャータ ホテル レストラン仕様コーヒー 無糖について

商品概要

販売者スジャータめいらく株式会社
商品名スジャータ ホテル レストラン仕様コーヒー 無糖
原材料名コーヒー(国内製造)
原料原産地名インドネシア(マンデリン30%)、その他(不明)
容量1000ml
保存方法直射日光や高温をさけて保存
賞味期限120日
HPホテルレストラン仕様コーヒー無糖│スジャータめいらくグループ (sujahta.co.jp)

栄養成分表示(100mlあたり)

エネルギー5kcal
たんぱく質0.4g
脂質0g
炭水化物0.5~0.9g
食塩相当量0.01g
一糖類0g
表示単位:100mlあたり

こだわりのポイント

  • マンデリン30%使用

「マンデリン」とは、インドネシアのスマトラ島で生産されているアラビカ豆です。酸味は控えめで、深いコクとキレのある苦味が特徴です。

ぎんぴ

残りの70%がなんの豆を使用しているのかは記載がなく不明でした。

  • コーヒー豆を焙煎後すぐに急速冷却

独自の製法で、雑味を抑えたコーヒー本来の芳醇な香り・深い味わいのみを閉じ込めました。最後まで淹れたてのおいしさを楽しめます。

ちっぱ

どうして焙煎後に冷やす必要があるの??

フカイリ

焙煎とは生豆に火を入れて焼く工程のことをいうよ。
焙煎士さんは、豆の美味しさを引き出すために微調整して、焼き上げるんだ。ここだ!というタイミングで取り出したコーヒー豆たちが余熱によって焼きすぎになることを阻止するために急速な冷却が必要なんだよ!

スジャータ ホテル レストラン仕様コーヒー 無糖を実際に飲んでみよう!

高級豆マンデリンを30%配合し、バランスの良い味に仕上げました。
焙煎後すぐに急速冷却する独自製法で、雑味をおさえたコーヒー本来の香りと深い味わいのみをとじ込めました。
自家焙煎・自家抽出(ネル式ドリップ抽出)。

スジャータめいらく株式会社商品紹介ページより

カップに注いでみましょう。表面に油分が浮いているのが分かります。あまりペットボトルや缶、紙パックコーヒーでここまで油分が浮かぶコーヒーは珍しいですね(イコール美味しい、美味しくないというわけではなく抽出方法や焙煎度によって油分が出やすい、出にくいがあります)

香ばしい香りが特徴的でした!

口にいれた瞬間は酸味が強く感じられ、苦みは少なめです。酸味が嫌いな人は少し苦手かもしれません。飲んだ後口の中に苦味が強く感じられました。

パッケージには酸味は控えめと書いてありますが、そこは少し印象が違いました。酸味はずっと長く続くわけではなく飲み込んだあとは、じわーっと苦味が口に広がります。

ぎんぴ

ミルクと合わせるとまた違った印象になるかもしれません!

項目評価
香り★★★
酸味★★★★
苦味★★
ぎんぴ好き度★★

どこで買えるんだろう?

ぎんぴ

スジャータめいらくオンラインショップで購入可能です!

アイスコーヒー ホテル・レストラン仕様コーヒー 無糖 1000ml (6本入)[価格改定2023冬]|スジャータめいらくオンラインショップ (sujahtaonlineshop.jp)

ぎんぴ

楽天市場でも購入することができます!

まとめ

酸味控えめなコーヒーとありましたが、口に含んだ瞬間思っていた以上に酸味を感じました。あとから苦みがやってきます。

ミルクを入れて飲んでみましたが、相性抜群でした!マンデリンの苦味とミルクの甘さが調和して美味しかったです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次