AGF 「煎」 COFFEE 香醇 澄んだコク/濃厚 深いコクのレビュー・評価

  • URLをコピーしました!
AJF煎
ぎんぴ

浅煎り、深煎りの「煎」の一文字で【SEN】COFFEEというブランドのようです。かっこいい!

ちっぱ

パッケージもシンプルでおしゃれ!
日本人の好みに合わせた珈琲の味に期待大です。

目次

商品情報と私たちの評価

商品情報

販売元味の素AGF
商品名「煎」 レギュラー・コーヒー 豆 香醇 澄んだコク200g
「煎」 レギュラー・コーヒー 豆 濃厚 深いコク200g
生豆生産国名:タンザニア、コロンビア、他
容量200g
製造工場AGF鈴鹿株式会社(三重県)
栄養成分抽出液100g当たりの値
抽出条件:1杯分13gを170mlのよく沸かしたお湯で抽出
エネルギー:0〜12kcal、たんぱく質:0〜0.6g、脂質:0g、炭水化物:0〜1.5g、食塩相当量:0g
/ カフェイン:10〜130mg、カリウム:100〜135mg、リン:3〜9mg
HPhttps://sen.agf.jp/

評価

香醇 澄んだコク濃厚 深いコク
酸味★★★★★
苦み★★★★★★
コク★★★★★★★★★
あと味★★★★★
ぎんぴ好き度★★★★★★
ちっぱ好き度★★★★★★★

「煎 」ってどんなコーヒー?

コーヒーと豆

AGF「煎」 COFFEEのホームページはこちら

「煎」と水

「煎」は京都 上賀茂神社を流れる神山湧水との出会いから、日本の澄んだ水を活かした珈琲として着想されました。

日本人の繊細な味覚に寄り添う珈琲として「煎」は生まれたのです。

AGF独自の焙煎技術「T2ACMIたくみ焙煎®︎

日本の嗜好に合うように苦みや酸味を抑えながら香りを最大化した製品を計画し、それを実現したのがAGF独自の焙煎技術「T2ACMI焙煎®︎」です。

「煎」の繊細な味わいは「T2ACMI焙煎®︎」によって、雑味を抑えながら豆が持つ香りを最大限に引き出しています。

そしてこの方法で焙煎した豆は日本の軟水と相性ぴったりなのです!

「T2ACMI焙煎®︎」とは

はじめに温度を一気に引き上げ、そのあと温度の上昇を抑えながら今までよりゆっくり焙煎することで、

こんがりした香りとふっくらしたコクを生み出します。

このように手仕事でしかできないような秒単位の温度の上げ下げが「T2ACMI焙煎®︎」の特徴です。

チューイリ

ふっくらごはんを炊くように繊細な火加減コントロールをしているんだね!

和菓子との相性

日本の味覚に寄り添う「煎」は、和菓子と共に味わうことでさらに楽しみが広がる

この国ならではの新しい珈琲です。

特別パッケージは日本の織物に多く見られる縞模様(しまもよう)があしらわれており、繊細な和菓子と調和するデザインとなっています。

AGF 煎 レギュラーコーヒー プレミアムドリップ 香醇 澄んだコク(10g*5袋入)【煎(せん)】

価格:627円
(2022/12/21 01:16時点)

AGF 煎 レギュラーコーヒー プレミアムドリップ 濃厚 深いコク(10g*5袋入)【煎(せん)】

価格:627円
(2022/12/21 01:17時点)

ちっぱ

日本人好みの味とおしゃれなパッケージデザインなので、贈り物にもいいですね!

煎 COFFEEを飲んでみた!

香醇/澄んだコク

『やや浅めの焙煎で、ふくよかな香りとすっきりとした後味が楽しめます』

シルバーのパッケージで、もう一つの濃厚深いコクと比べると浅めの焙煎。

豆の状態を見ていきましょう。

少し気になる(取り除きたくなる)豆がちらほらと見えるかなぁ・・・という感じでした。

お湯を注いだ時です。焙煎は浅めということなので膨らみはほとんどありません。

抽出完了です。

すっきりとした飲み心地で、飲みやすいですね!自宅に届いてから直ぐは味が落ち着かなくて、若干えぐみのようなものも感じたのですが、日が経つにつれて角が取れてきて、とても飲みやすくなってきました。

濃厚/深いコク

『やや深めの焙煎、しっかりとしたコクと奥行きのある味わいが楽しめます』

写真だと伝わりずらいかもしれませんが、香醇のほうよりも深い色味をしています。

豆の状態を見てみましょう。すみません下記写真は、気になる豆を取り除いたあとの写真です。

ちょっとハンドピックについても勉強して、美味しい一杯に近づけるように頑張ろう・・・。

そういえば焙煎日についての記載はありませんでした。深めの焙煎ということでお湯を注いだ時膨らむかなと思ってましたが、膨らみはあまりなかったです。焙煎からどのくらい時間が経っているんだろう?

抽出完了です。

香醇の方と比べて、やはり苦みとコクが強いです。和菓子など甘いものと合わせるならこちらの方が合いそうです。

まとめ

ぎんぴ

ちょっと豆の状態が気になるところがあり、届いてから直ぐに淹れたコーヒーには若干えぐみのようなものが感じられましたが、日が経つにつれてどんどん飲みやすくなってきました!
最終的に香醇、濃厚ともに美味しかったです。

ちっぱ

さすがは日本の味覚に寄り添った珈琲!酸味の苦手な私でも飲みやすかったです。
個人的には香醇/澄んだコクの方がスッキリしていて好みでした!

AJF 煎コーヒー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次